光線(光)脱毛とは?

エステで受けられる光脱毛とは

光線を使用した光脱毛はエステサロンで行われている方法で、徐々に減毛できるのが特徴です。シェービングで剃ったり、毛抜きで抜いたりする方法などは、一時的にムダ毛をなくす方法でしかありません。何度処理しても今より薄くなることはなく、再び同じ状態で生えてくるわけです。減毛とは毛質自体を弱らせていく方法で、薄く細い状態に変えていきます。光脱毛は6回を1サイクルに設定するサロンが多く、6回終了時の状態を見ながら追加するかどうか決めていきます。腕や脚などは少ない回数でも満足いく状態まで減毛できることが多いですが、顔やデリケートゾーンなどは回数が多くなるのが普通です。繊細でダメージを受けやすい部位は、出力を抑える必要があるためです。

光とレーザー脱毛との違い

医療機関の脱毛といえば医療レーザーを使用した医療脱毛になります。こちらは永久脱毛が可能であり、ムダ毛が生えてくる種と言える毛母細胞を破壊できるのが特徴です。それに対して光線を使用した光脱毛は、毛母細胞に刺激を与える方法になります。破壊するか刺激を与えるかの違いであり、前者のほうが少ない回数でツルツルにできます。光脱毛はパワーで劣りますが、肌への刺激を弱く抑えられる、施術1回あたりの料金が安い、といったメリットがあります。そのため顔やデリケートゾーンは医療脱毛、それ以外の部位はエステ脱毛とわけて利用する人は少なくありません。光脱毛はもともと痛みが弱いですが、特に最新マシンを使用しているエステは低刺激になっています。