ワックス脱毛とは?

ワックス脱毛の基礎知識

ワックス脱毛は脱毛用に作られたワックス材を使い、脱毛方法を指します。毛を無くしたいところにワックスを塗って、専用の布やシートを当てて剥がすことでムダ毛を抜いていくのです。ワックス脱毛の種類にはブラジリアンワックスやソフトワックス、ハニーワックスやハードワックスなどがあります。

永久脱毛とは違って一時的なものですが、一度脱毛してしまえば1週間から3週間程度維持することが可能です。毛抜きでムダ毛を処理するときのように毛根から引き抜くので、毛の再生が遅いのがメリットです。脱毛するときには古くなった角質も取り除くことが出来るので、肌も綺麗になると言われています。レーザー脱毛や光脱毛と違って料金が安いのも嬉しいポイントです。

ワックス脱毛のやり方

まずムダ毛が気になる部分の汚れや水分を取り除きます。ワックス脱毛をしたい部分に温めたワックス材を塗って、肌に馴染ませます。ワックスを温めるのは毛穴を開かせるためで、毛穴が開くことでより脱毛しやすくなるのです。ワックスを塗った部分にシートをかぶせて、毛の流れの方向と逆になるように一気に剥がします。ワックスで抜くことが出来なかった毛があれば、毛抜きで丁寧に抜いていきます。ワックスを拭き取ったら、化粧水や乳液で保湿をして完了です。

脱毛をした当日にプールに入ったり、海に入るのは避けます。お風呂は湯船に浸かるのではなく、シャワーだけにしておくと安心です。赤みや痛みが感じるようだったら、保冷剤で冷やします。